ここから本文です

ヒュー・ジャックマンが伝説のエンターテイナーに 『グレイテスト・ショーマン』来年2月公開決定

7/11(火) 7:00配信

ぴあ映画生活

米国のエンターテインメント紙『ハリウッド・レポーター』が公表した来年のアカデミー賞作品賞候補にも選出されている話題作『グレイテスト・ショーマン』の公開が、来年2月に決定した。

本作は、実在の人物P・T・バーナムをモデルに、夢と愛に生きたエンターテイナーの人生を描いたミュージカルエンターテイメント作。空想家のバーナムが、何もないところから独自のアイデアと野心によってショービジネスを立ち上げ、世界中でセンセーショナルを巻き起こした“地上最大のショウ”を作り上げるまでを描く。

監督を務めたのは、日本の人気漫画『NARUTO -ナルト-』のハリウッド実写映画化でも監督に起用されている期待の新鋭マイケル・グレイシー。グレイシー監督は「『雨に唄えば』や『ウエスト・サイド物語』、『サウンド・オブ・ミュージック』のように“題名を聞くと歌が浮かぶ”そんな作品にしたい」とコメント。続けて「VOGUEから抜け出したようなファッションだ」と語るなど、本作の衣装にも注目が集まる。

主人公P・T・バーナムを演じるのは、『LOGAN/ローガン』のヒュー・ジャックマン。ジャックマンは、「イマジネーションや、自分自身の直感を信じ、他の誰にも自分の定義づけなどさせず、自分がやりたいことをやるんだ。自分の夢を生きるんだ」というメッセージをバーナムから感じたと明かす。作品については「他の人と違うことこそが、自分を特別な存在にしてくれる。それを誇りに思い、正面から向き合うということだ」とコメント。

共演には、ミシェル・ウィリアムズ、ゼンデイヤ、ザック・エフロン、レベッカ・ファーガソンが名を連ね、ジャックマンの演技をはじめ、様々な部門で賞レースを騒がせることになりそうだ。

『グレイテスト・ショーマン』
来年2月全国公開

最終更新:7/11(火) 7:00
ぴあ映画生活