ここから本文です

コロンビアの10番復活のカギはアンチェロッティ? レアルで苦しんだハメスにドイツ王者が興味か

7/11(火) 9:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

レアルではアンチェロッティの下でプレイ

レアル・マドリードMFハメス・ロドリゲスは今夏行き先が最も注目されていた1人で、マンチェスター・ユナイテッドなどが獲得に近いと言われていた。

チェルシー、マンU、来季のUCLは超ハイレベル!

しかし、マンUが大金を支払ったのはエヴァートンFWロメル・ルカクで、ここまでハメスの話題は出ていない。そんなハメスにドイツ王者・バイエルンが強い興味を示しているという。

スペイン『as』はバイエルンを指揮するカルロ・アンチェロッティがハメスを迎え入れる準備をしていると伝えており、ハメスがレアル時代の恩師と再会する可能性が出てきた。同メディアもハメスがアンチェロッティの下で良い時期を過ごしたことを伝えており、バイエルンでも同様の活躍が期待できるかもしれない。

コロンビア代表のエースのハメスは2018ロシアワールドカップに向けて出場機会を確保する必要があるが、バイエルンは理想的なクラブなのだろうか。ハメスの実力は本物で、仮に獲得できればバイエルンにとっては大きな補強となる。

http://www.theworldmagazine.jp/