ここから本文です

バリー・ジェンキンスの次回監督作が決定

7/11(火) 14:00配信

ぴあ映画生活

『ムーンライト』で今年のオスカーを受賞したバリー・ジェンキンス監督の次回作が、『If Beale Street Could Talk』に決まった。脚色も、ジェンキンスが手がける。製作は、『ムーンライト』でも組んだブラッド・ピットのプランB。原作はジェームズ・ボールドウィンによる同名小説。

ハーレムに住む黒人女性が、婚約者が無罪であることを証明しようと奮闘する物語で、ジェンキンスは以前から今作の映画化を望んでいたらしい。撮影は、10月スタートを予定している。ジェンキンスはほかに、アマゾンがストリーム配信するドラマシリーズ『The Underground Railroad』の製作準備も進めている。

文=猿渡由紀

最終更新:7/11(火) 14:00
ぴあ映画生活