ここから本文です

もうレアルはただの銀河系軍団ではない! “大金をかけない“若手の補強こそ強さの秘密

7/11(火) 11:52配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今夏も若いスペイン人選手が加入

もはやレアル・マドリードの補強は多額の資金でスター選手をかき集めるだけではない。今夏の補強は数年後の成功を見据えた若い選手が中心だ。

ブスケッツがレアルの選手を称賛!?

目玉となっているのはU-21欧州選手権でMVPに輝いたレアル・ベティスMFダニ・セバージョスで、獲得に近づいている。さらにフランクフルトにレンタル移籍していた20歳のDFヘスス・バジェホを復帰させ、MFマルコス・ジョレンテもレンタル先のアラベスから復帰させている。

U-21欧州選手権ではすでにレアルで活躍しているMFマルコ・アセンシオもエースとしてプレイしており、今のレアルには若くて優秀なスペイン人選手が数多く揃っている。

スペイン『MARCA』が振り返っているのは2013年夏の補強だ。スペインは2013年に開催されたU-21欧州選手権で優勝しているが、そのメンバーからイスコを獲得。さらにレヴァークーゼンにレンタル移籍していたDFダニエル・カルバハルが復帰、DFナチョ・フェルナンデスも今や重要な選手になっている。また、成功を収めることはできなかったが、アシエル・イジャラメンディも2013年に獲得された選手だ。

同メディアは2013年に若い選手を補強したことがその後のチャンピオンズリーグ制覇などの成功につながったと伝えており、今夏の補強で再び同じことが起きるのではないかと期待している。以前はスター選手をかき集めやり方がレアルの脅威だったが、今では若手を的確に補強してくるやり方がライバルとの差をつけることになっている。

http://www.theworldmagazine.jp/