ここから本文です

【MLB】米球宴ホームラン競争、優勝は合計47本で初出場の“超新人”ジャッジ「最高」

7/11(火) 11:24配信

Full-Count

前評判に違わぬパワー披露、最長飛距離は驚異の156.4メートル

 第88回オールスター戦のホームラン競争が10日(日本時間11日)に行われ、決勝でアーロン・ジャッジ(ヤンキース)がミゲル・サノ(ツインズ)を11-10で破り、見事初優勝を飾った。

【動画】これが驚愕の156メートル弾! ホームラン競争初制覇のジャッジが驚異のパワー見せつける

 昨季覇者スタントンが敗れる波乱の起きた第1ラウンドでは、22本塁打のジャスティン・ボーア(マーリンズ)を23本塁打で1本上回り、勝ち抜けを決めた。第2ラウンドでは、ドジャースの新人コーディ・ベリンジャーを13-12で下して、見事決勝進出を果たした。

 決勝では、第1ラウンドでマイク・ムスタカス(ロイヤルズ)、第2ラウンドでゲーリー・サンチェス(ヤンキース)を倒したサノと対戦。先に打席に立ったサノが10本塁打を放つと、満を持して登場したジャッジは、次々と飛球をスタンドに叩き込み、残り1分58秒で11本目が着弾。合計47本塁打で優勝を決めた。

 ジャッジは、第2ラウンドで513フィート(約156.4メートル)の超特大弾を放ち、この日の最長飛距離を記録。“超”新人として話題のジャッジが、初の大きな”タイトル”を獲得した。

 終了後にはヒーローインタビューで「とても楽しかったよ。スタンドのファンが、このショーを楽しんでくれたことを願うよ。最高の雰囲気だった。自分は楽しむことに努めただけ。ファンのおかげだ」とコメント。また、「来年はタイトル防衛のために出場する?」と聞かれると「さぁ、どうなるか」と笑みを浮かべていた。

【第1ラウンド】
ミゲル・サノ(ツインズ)11本 ◯

マイク・ムスタカス(ロイヤルズ)10本

ゲーリー・サンチェス(ヤンキース)17本 ◯

ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ)16本

チャーリー・ブラックモン(ロッキーズ)14本

コディ・ベリンジャー(ドジャース)15本 ◯

ジャスティン・ボーア(マーリンズ)22本

アーロン・ジャッジ(ヤンキース)23本 ◯

【準決勝】
ゲーリー・サンチェス 10本

ミゲル・サノ 11本 ◯

コディ・ベリンジャー 12本

アーロン・ジャッジ 13本 ◯

【決勝】
ミゲル・サノ 10本

アーロン・ジャッジ 11本 ◯

佐藤直子●文 text by Naoko Sato

最終更新:7/11(火) 12:04
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 17:05