ここから本文です

ナダル 眩しくてサービス打てないハプニング<男子テニス>

7/11(火) 15:19配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は10日、男子シングルス4回戦が行われ、第4シードのR・ナダル(スペイン)は第16シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)に3-6, 4-6, 6-3, 6-4, 13-15のフルセットで敗れ、惜しくも6年ぶりのベスト8進出とはならなかった。

【ナダル戦で疑惑の大誤審】

この日、ファイナルセットでハプニングが起きた。

第22ゲーム、サービスを打とうとしたナダルは主審へ声をかけた。それは、ナダルがサービスのポジションへ立った際、目に観客席のボードから反射した太陽の光が気になるということだった。

その後、ボードに布をかけて光を反射しないようにした警備員と観客に対し、ナダルは手を振って感謝を伝えた。

プレーが続行されてからは、勢いが衰えないミュラーに4時間48分におよぶ死闘の末に惜敗したナダルは「最高の試合ではなかったかもしれない。同時に、とてもやりづらい相手との試合でもあった。彼(ミュラー)のような選手との対戦では、なかなかリズムが掴めない」と試合後の会見で振り返った。

「タラレバを言うつもりはない。彼の方が少し勝利に値したんだと思う」

ナダルを破ったミュラーは、四大大会で2008年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)以来の8強入りを果たした。準々決勝では、第7シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦する。チリッチは、4回戦で第18シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:7/11(火) 15:19
tennis365.net