ここから本文です

咲き競う夏の湿原 ワタスゲやレンゲツツジが彩り、尾瀬国立公園

7/11(火) 12:23配信

福島民友新聞

 福島県檜枝岐村の尾瀬国立公園にある大江湿原で、夏の訪れを告げるワタスゲが見ごろを迎えている。

 湿原を覆うように広がった白い綿穂が風に揺れ、ハイカーを歓迎している。尾瀬沼ビジターセンターによると、あと10日程度は楽しめる。

 現在、レンゲツツジも湿原に彩りを添え、ハクサンチドリ、カキツバタ、イワカガミ、コバイケイソウなど多くの花が楽しめる。

 ニッコウキスゲも咲き始めで、天候次第だが、今月中旬以降に開花が本格化するという。

福島民友新聞

最終更新:7/11(火) 12:23
福島民友新聞