ここから本文です

安倍首相、G20サミット終え帰国へ

7/11(火) 11:17配信

ホウドウキョク

G20(20カ国・地域)サミットなどに出席するため、ヨーロッパを訪問していた安倍首相は日本時間11日朝、一連の外交日程を終え、帰国の途に就いた。
自ら得意とする外交で、成果を強調したかった安倍首相だが、一方で、内閣改造を早々に発表し、支持率の下落に歯止めをかけたい意向を強くにじませた。
安倍首相はまず、ベルギーでEU(ヨーロッパ連合)と会談し、EPA(経済連携協定)で、大枠合意にこぎつけた。
その後、ドイツでは、就任後初めての日米韓首脳会談を開いたほか、アメリカや中国、韓国とも個別に首脳会談を行い、北朝鮮への圧力強化や各国の連携を訴えた。
ただ、首相不在の日本では、「加計学園」をめぐる国会審議で、野党が攻勢を強めていて、安倍首相は、8月初めに内閣改造、自民党役員人事を行う意向を早々に表明した。
支持率の下落が続く中、加計問題を鎮静化させ、人事で局面を打開できるか、安倍首相は帰国後、難しい国内の政局に対応することになる。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/11(火) 11:17
ホウドウキョク