ここから本文です

「痛」勤緩和なるか「時差Biz」スタート

7/11(火) 14:08配信

ホウドウキョク

朝の通勤ラッシュの混雑緩和を目指す取り組み「時差Biz」が、首都圏でスタートした。
「時差Biz」は、時差出勤や朝方勤務などを促すことで、鉄道の混雑緩和を目指すキャンペーンで、首都圏の鉄道会社は、早朝に臨時列車を走らせたり、時差通勤をした人に特典を付与する取り組みなどを行っている。
通勤客は、「東京都の試みで、雰囲気ができれば良い」、「定着はしづらいと思う。『早く行って早く帰る』とか、難しい面も出てくると思う」などと話した。
都内の地下鉄の駅では、早朝に出勤した人に対して飲み物が配られ、初日の11日は、東京都の小池知事が、取組状況などを視察した。
小池都知事は、「生産性を上げるということもあるが、一方で、働きやすさという共感が広がれば定着していくのではないかと」と述べた。
一方、企業でも朝方勤務を促す動きが進み、資生堂では、7月から早朝に出社した社員に無料で朝食を提供している。
「時差Biz」が、「クールビズ」同様、定着するのかが注目される。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/11(火) 14:08
ホウドウキョク