ここから本文です

TPP11カ国での早期発効に意欲示す

7/11(火) 23:03配信

ホウドウキョク

11カ国での早期発効に向けた意欲を示した。
梅本首席交渉官は、「ハノイでの閣僚会合の結果もふまえて議論して、できるだけ早期発効に向けた議論を、前に進めていきたいと思っております」と述べた。
12日から神奈川・箱根町で開かれる、TPP(環太平洋経済連携協定)の事務方トップの会合に出席する梅本首席交渉官は、TPPを、アメリカを除く11カ国で早期に発効させる意欲を示した。
また、日本とEU(ヨーロッパ連合)のEPA(経済連携協定)が大枠合意したことについて、「TPPの議論を前に進めるにあたっても追い風になる」との見方を示した。
政府は、11月までの合意を目指している。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/11(火) 23:03
ホウドウキョク