ここから本文です

民進、都議選総括で議員から意見聴取

7/11(火) 23:44配信

ホウドウキョク

民進党は11日、東京都議会議員選挙の敗北を受け、党所属議員からの意見聴取を始めた。
意見聴取は、蓮舫代表や野田幹事長も出席し、衆議院の比例ブロックごとに非公開で行われ、初日の11日は、北海道と東北などの議員が意見を述べた。
出席者からは、「解党的な出直しが必要だ」、「蓮舫代表は辞めるべきだ」などの意見が相次いだ一方で、「党の結束が大事な時だ」などの意見も出た。
また、蓮舫氏の二重国籍問題について説明を求める意見も出て、蓮舫氏は、説明に前向きな姿勢を示したという。
民進党内では、今回の都議会議員選挙で自民党惨敗の受け皿になれず、離党届を提出する議員が出るなど、執行部への不満がくすぶっている。
意見聴取は18日まで順次開催し、執行部は総括案をまとめたうえで、25日に両院議員懇談会を開く予定。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/11(火) 23:44
ホウドウキョク