ここから本文です

熊本が元オランダ代表選手を獲得「日本でプレーできることがうれしい」

7/11(火) 12:08配信

バスケットボールキング

 熊本ヴォルターズは7月10日、ジョシュ・ドゥインカーとの選手契約が基本合意に達したことを発表した。

 オーストラリア出身のジョシュは211センチ107キロのインサイドプレーヤーで、アメリカのリッチモンド大学卒業後の2013年からスペイン、オランダのクラブでプレー。同年にはオランダ国籍を取得して同国代表にも選出された。その後はオーストラリアやアルゼンチン、ウルグアイなどといった世界各国のクラブをわたり歩き、昨シーズンはニュージーランドリーグ(NBL)のウェリントン・セインツで年間チャンピオンに輝いた。

 熊本加入が決まったジョシュは「熊本ヴォルターズの一員として、初めて日本で今シーズンからプレーできる事が嬉しいです!」と述べ、「日本はたくさん良いところがあり、なにより素晴らしいファンがたくさんいると聞いています。コーチングスタッフとチームメイトと共に、ヴォルターズ史上最高のシーズンにできる事を楽しみにしてます!」とコメントした。

 なお、熊本は11日時点で、昨季在籍した外国籍選手のレジナルド・ウォーレン、ポール・ビュートラックの2選手を自由交渉選手リストに掲出し、ジョエル・ジェームスの契約継続、バンビシャス奈良のテレンス・ウッドベリー獲得を発表している。

BASKETBALL KING