ここから本文です

小山賢太郎さんをしのぶ 鎌倉で作品展

7/11(火) 10:03配信

カナロコ by 神奈川新聞

 昨年7月に76歳で亡くなった鎌倉市在住の漫画家小山賢太郎さんをしのぶ作品展が、同市小町のカトレヤギャラリーで開かれている。小山さんが残した作品と仲間の漫画家や画家、陶芸作家がそれぞれ持ち寄った計100点以上が並ぶ。17日まで。

 「小山賢太郎ありがとう忖度(そんたく)展」は飲み仲間でもある漫画家二階堂正宏さん(69)らが企画。これまでも一緒に展示会を開いており、二階堂さんは「小山さんが生きていたら『またやろう』と言ったはず。そう忖度したんだ」と笑う。

 ほのぼのとしたタッチのゴルフ漫画が小山さんの代名詞。小山さんのファンで友人でもあった安斉福三さん(73)は「クスッと笑える一場面を切り取った楽しい絵。さみしいが、今後も展示会があるとうれしい」と、しみじみと絵を眺めていた。

 午前10時~午後6時(17日は同5時まで)。問い合わせは、山崎信弥さん電話090(1264)0907。