ここから本文です

サントリー選手がバレー熱血指導・綾瀬

7/11(火) 17:31配信

カナロコ by 神奈川新聞

 バレーボールのV・プレミアリーグ男子のサントリーサンバーズ所属選手が講師役を務めるバレーボール教室が9日、綾瀬市深谷上の「IIMURO GLASS綾瀬市民スポーツセンター」で開かれた。市内の小学6年生から中学3年生までの約140人が参加した。

 教室は飲料メーカー「サントリープロダクツ」の工場が市内にできたのを記念して、2007年度に始まった。社会貢献活動の一環で、生涯スポーツの推進などにつなげる狙い。

 チームは大阪府箕面市を拠点に活動し、この日はセッターの岡本祥吾選手、ウイングスパイカーの松林憲太郎選手、セッターの山本湧選手ら4人が指導に当たった。子どもたちは2人一組に分かれレシーブやトスを練習。選手のサーブも受けた。

 質疑の時間が設けられ、参加者は「体を大きくするためにはどうすれば良いですか」などと熱心に質問した。