ここから本文です

宮野真守、実写版『亜人』で永井圭の“IBM役”で出演! 「どれが使われるか楽しみ」

7/11(火) 8:00配信

クランクイン!

 宮野真守が、実写映画『亜人』の佐藤健演じる永井圭の“IBMの声”役で出演することが決定した。宮野は、アニメ版『亜人』で主人公・永井圭を演じており「まさか自分にもIBMの声としてお声がかかるなんて、びっくりしましたけど、とても嬉しかったです」と語っている。

【関連】「宮野真守」フォトギャラリー


 本作は、「good! アフタヌーン」(講談社)で連載中の人気コミック『亜人』の実写映画化。佐藤のほか、綾野剛、玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、浜辺美波らが出演する。交通事故で死亡するも、その場で生還したことで再生する能力を持つ新人類“亜人”の一人であると発覚した主人公・永井圭(佐藤)が、国家権力やテロを繰り返す亜人たちとの争いに巻き込まれていく姿を描く。宮野は、永井が放つ普通の人間には見ることのできない黒い粒子“IBM(インビジブル・ブラック・マター)”の声を担当する。

 アニメ版への出演経験から「僕にとって『亜人』は永井圭の壮絶な人生を通して、いろんな感情を味わったとても思い入れの強い作品です」と語る宮野。実写映画化すると聞いたときは「また新たな『亜人』の姿が見られると思い、いちファンとしてわくわくしていました」と話す。“IBMの声”については「いろんなパターンを録ったので、どれが使われるのか楽しみです」と、宮野自身も心待ちにしている様子。

 記憶に残ったのは「アニメでも僕の印象に残っている人体実験のシーン」と話す宮野だが、「佐藤健さんが体当たりで臨んでいる姿を見て、経験したこともない人体実験シーンを僕もアニメ収録のときに悩みながら全力で演じたなと思い返されました」と回想。「“死ねないからこそ持つ葛藤”、そして、“斬新過ぎる設定”が魅力の作品です。アニメとはまた違った展開で進むストーリーも楽しんで観て頂けると思います」とコメントを寄せている。

 映画『亜人』は、9月30日から全国ロードショー。

最終更新:7/11(火) 8:00
クランクイン!