ここから本文です

県内から被災地支援を 九州豪雨

7/11(火) 0:37配信

北日本新聞

■4市が募金箱

 富山、高岡、射水、魚津の4市が九州豪雨の被災地への義援金を募るため、市役所などに募金箱を設置している。

 富山市は市役所のほか、大沢野と大山、八尾、婦中の各行政サービスセンター、山田、細入の両中核型地区センター、上下水道局の7カ所に募金箱を置いた。

 高岡、射水両市はそれぞれ市役所1階に、魚津市は市役所のほか魚津水族館、魚津埋没林博物館、市図書館の4カ所に募金箱を設置。魚津市は14日まで、ほかの3市は8月31日まで受け付ける。集まった義援金は日本赤十字社を通じて現地へ届ける。

■義援金受け付け/日赤県支部

 日本赤十字社県支部(富山市飯野)は、九州地方を中心とした7月5日からの大雨災害の義援金を受け付けている。8月31日まで。集まった義援金は被災自治体を通じて被災者に送る。

 郵便振替、銀行振り込み、県支部窓口への持参の3種類がある。郵便振替(ゆうちょ銀行・郵便局)は「00190-2-696842」(加入者名「日赤平成29年7月大雨災害義援金」)。

 銀行振り込みは(1)福岡銀行本店、普通預金「6650853」(2)西日本シティ銀行本店、普通預金「3386907」(口座名はいずれも「日本赤十字社福岡県支部 支部長 小川洋」)。金融機関によって手数料が必要になる。

北日本新聞社

最終更新:7/11(火) 0:37
北日本新聞