ここから本文です

高橋監督が評価する巨人・田口の“安定感”

7/11(火) 11:00配信

ベースボールキング

最多勝&防御率1位

 巨人の田口麗斗は10日のヤクルト戦、8回を2失点に抑え、リーグトップタイに並ぶ8勝目。試合前までリーグトップだった防御率も2.09となった。

 3回までヤクルト打線を1安打に抑えていた田口だったが4回、先頭の荒木貴裕に1球もストライクが入らず四球を与えると、続く上田剛史に送られ得点圏に走者を背負う。この場面で打席には、3番・山田哲人。開幕から打撃不振に苦しむ山田を封じたい田口だったが、真ん中に入ったスライダーをレフトスタンドへ放り込まれ、先制を許した。

 4回に2点を失った田口だったが、5回以降は粘りのピッチングでヤクルト打線を0に抑えていく。田口の頑張りに応えたい打線も6回に村田修一、亀井善行の連続タイムリーで同点に追いつくと、2-2の7回には長野久義のソロで勝ち越した。

 8回のマウンドにあがった田口は、この回も無失点に抑え降板。8回を投げ5安打3奪三振1四球2失点という投球内容だった。

 高橋監督は「田口は1本、本塁打を打たれた以外はいいピッチングだった。ずっと安定したピッチングをしてくれている」と評価した。

高橋監督は「安定している」と評価

 高橋監督が話したように今季の田口は、開幕から安定した投球を続けている。

 今季は14試合に先発しているが、5回前に降板した試合は1度もなし。先発投手の指標のひとつとされるQS(6回3自責点以内)も、14試合中11試合で達成している、最多失点も6月3日のオリックス戦で、喫した5失点がワーストだ。

 また被打率はリーグトップの.208、得点圏に走者を背負ってからの被打率は.138とピンチになればなるほど抑えている。

 エース・菅野智之、マイコラスに続く先発3番手に成長した田口。引き続き安定した投球を披露していけば、最多勝、最優秀防御率のタイトルも見えてくる。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING