ここから本文です

ザック・ブラウン、アジアでのF1進出拡大を推進。バンコク市街地での開催を提案

7/11(火) 7:00配信

オートスポーツweb

 マクラーレンのトップであるザック・ブラウンは、グランプリの年2回開催を検討するほどに成熟した中国を始めとして、アジア地域においてはF1が「非常に広く浸透し得る」と考えている。

マクラーレンのザック・ブラウン(右)とエリック・ブーリエ(左)

 現在アジアでは日本、シンガポール、中国が開催国となっているが、ブラウンはここにタイを追加し、新たな「アジアツアー」の主要レースにしたいと考えており、Linkedin Pulseのブログで以下のように述べている。

「上海でのグランプリはすでにしっかりと根付いているが、北京などの大都市や、急成長を遂げている無錫(江蘇省)での市街地レース開催の可能性を探るべきだ」

「中国GPは、世界でも最も印象的で豪華な専用レーストラックのひとつが舞台になっており、F1が非常に高価かつ上流階級のものであることを特徴づけている」

「それに対して中国での市街地レースは、F1は人々のものであり、本物のエネルギーであるという、この競技が取り込むべき新しい価値感を強調するだろう。そしてそれはブランドを売り込むための素晴らしい手法となり、スポンサーとパートナーに大きな利益をもたらすことになる」

 F1はアジアを非常に大きな成長が見込める地域として認識しており、中国でのパートナー戦略構築と知名度向上のため、マーケティングエージェンシーのラガルデールスポーツと提携関係を結んだ。

 ブラウンはアジア地域でのF1開催について、以下のように話している。

「個人的にはバンコクでのレースが見たい。バンコクは素晴らしい都市であり、F1の新たな開催地になり得る。独自色に富む特別なものにできるだろうし、この国の情熱と強い個性に訴えかけるだろう」

「バンコクでの市街地レースを想像できるかい? 信じられないほど素晴らしいものになると思う」

 ブラウンまた、F1はアジアの視聴者を考慮に入れて、以前から継続的に開催されているレースのいくつかについてはスタート時刻を見直すべきだと提案した。

「中国や日本のような場所のファンから聞かれる批判のひとつに、レースがいつも(もしくはほとんどが)夜中に行われるということがある。つまりF1は、筋金入りの熱心なファン層しか集められないという傾向がある」

「以前より続いているレースのうちいくつかについては、スケジュールを再考する必要があるかもしれない。そして、アジアのファンがF1を知る機会を作れるように、時間を微調整する余地がどこにあるのかを検討するべきだ」

[オートスポーツweb ]