ここから本文です

スーパーGT:GT300の中盤戦覇権争いは!? AMG勢優位か、JAF-GT、注目のあのドライバーの“覚醒”は

7/11(火) 18:10配信

オートスポーツweb

 2017年のスーパーGTは、5月20~21日に行われた第3戦から長いインターバルを経て、7月22~23日の第4戦スポーツランドSUGOから2~3週間おきにレースが行われる“夏の3連戦”を迎える。この中盤戦では、GT300クラスも新たな展開を迎えることになるかもしれない。

【柳田が駆るHitotsuyama Audi R8 LMS】

 今季のGT300クラスは、開幕戦岡山でグッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)が優勝。第2戦富士ではJMS P.MU LMcorsa RC F GT3(中山雄一/坪井翔)が優勝し、第3戦オートポリスは、2016年チャンピオンカーのVivaC 86 MC(松井孝允/山下健太)が制した。

 7月7日(金)に発売されたオートスポーツNo.1460でも『スーパーGT事件簿』と題して前半3戦の出来事を総括しているほか、中盤戦プレビューを掲載しているが、鈴鹿テストでも見えた、その内容のおさらい&“プチアップデート”をお届けしよう。

■好調グッドスマイル。中盤戦もメルセデス勢が速い!?
 その後シリーズは約2ヶ月の間隔が開くが、6月16~17日には第4戦の舞台であるSUGOで、そして6月30~7月1日には、第6戦の舞台である鈴鹿サーキットでテストが行われた。この2回のテストで、いずれも上位につけているのがランキング3位(27ポイント)のグッドスマイル 初音ミク AMGだ。

 鈴鹿テストの際に主にステアリングを握った片岡龍也に、このテストでのフィーリングを聞くと「鈴鹿1000kmのレースを想定した感じで走っていましたが、悪くないフィーリングです」という。

 一方、チームの河野高男エンジニアは「ウチがあまり速いとは思っていない。まわりにウエイトをたくさん積んでいるチームがあるとは思っています。SUGOでもそうでしたが、『もっと速いだろ?』というチームが多い」と周囲の速さがまだ実際とは異なるだろうと警戒する。

「ウチも目一杯いっているし、タイヤも含めていろいろなことが決まってきている。クルマも仕上がってはいると思う。ただ去年と比較しても、まわりが遅すぎる感じはした」

 この鈴鹿公式テストは、第4戦/第5戦で「これくらいはポイントを獲るだろう」と計算したウエイトハンデでほとんどのチームがテストをこなす。河野エンジニアが予想するのはその点だ。当然グッドスマイル 初音ミク AMGも鈴鹿を想定したウエイトで走っていたが、「実際にSUGO、富士でどうなるかは分からないし、実際は違うと思う」という。

 とは言え、オートスポーツNo.1460でも触れているとおり、グッドスマイル 初音ミク AMGを含むメルセデスベンツAMG GT3勢が今季好調なのは間違いなさそう。ライバル勢に聞いても「4号車をはじめAMGが速い」と口を揃える。GAINER TANAX AMG GT3やLEON CVSTOS AMG等、タイヤ銘柄が異なるチームも頻繁に上位に顔を出しており、2年目となる今季のメルセデスAMG GT3勢は、タイトルを争う存在なのはたしかだろう。

■序盤戦苦戦のチームの逆襲も?
 一方で、SUGOテスト、鈴鹿テストという2回のテストで、確実に進歩を遂げたチームもあった。オートスポーツNo.1460では“眠れる獅子の目覚めはいつか?”と題された、Hitotsuyama Audi R8 LMSと柳田真孝だ。

 序盤戦で苦戦したHitotsuyama Audi R8 LMSは、アウディR8 LMSというマシンに対して柳田が馴れていない部分もあったが、SUGO、鈴鹿のテストで「かなり乗れてきている」とチームも柳田自身も手ごたえを得ているようで、鈴鹿では柳田もチームメンバーも表情がかなり明るかった。また、鈴鹿では昨年エンジニアを務めていたWRTのフィリップ・アーノウドがひさびさに担当し、気付いた部分も多かった様子だ。SUGO、そして鈴鹿とも要注目の一台になるかもしれない。

 また、アウディで言えば、TAISAN SARD R8 FUKUSHIMAをドライブした元F1ドライバーのクリスチャン・クリエンも、第6戦鈴鹿では注目の存在だろう。クリエンは2015年にGT500クラスのLEXUS TEAM SARDの第3ドライバーとして起用されたが、その時は残念ながら走行機会がなかった。

 しかし、鈴鹿公式テストではドライに転じたセッション2で26周をこなすと、2日目午前のセッションでも26周を走り、セッション4でも6周。いずれもトップ10タイムをマークしている。レギュラーの山田真之亮、ジェイク・パーソンズともに好走すれば、鈴鹿での上位進出もあり得る。

 テストだけに一発のタイムだけでは分かりづらい部分もあるが、精力的に周回を重ねた埼玉トヨペットGreenBraveマークX MCもセッション3では3番手タイム、マッハ車検 MC86 GTNETもセッション4で2番手タイムをマークするなど、JAF-GTマザーシャシー勢も今後に向けて好材料を得ているのは間違いない。また、VivaC 86 MCもSUGOテストからフロントフェンダー後端を改良している(ただ、「切っただけ」なので加工費は非常にローコストだったようだ)。一方で、シンティアム・アップル・ロータスがSUGOテストでクラッシュを喫し、鈴鹿を走れなかったのは、昨年Q1最速だっただけに痛いところだろう。

 当然、JAF-GT勢が狙うのは、得意とする第4戦SUGO。今回エアリス径が拡大されたTOYOTA PRIUS apr GT勢は前半戦のような戦いぶりではないはず。また、GT3勢は第5戦富士に照準を合わせているチームが多い。今季好調のポルシェ勢は富士がメインターゲットになるかもしれない。それを経ての鈴鹿だけに、先述の河野エンジニアの言うとおり、第6戦鈴鹿で各車がどんな条件で臨むかは読めない部分も多い。一方で、エクストラポイントがある鈴鹿は、各チームとも上位フィニッシュを狙いたいレースのひとつだ。

 もちろん、今回挙げたチーム以外にも強豪ひしめくGT300だけに、誰が上位に来てもまったく驚きはない。この夏の3連戦のGT300クラスの動向は、ファンにとっても大いに注目と言えるだろう。

[オートスポーツweb ]