ここから本文です

洛北・三添 粘りの完投勝利 失点も落ち着き/京都

7/11(火) 14:16配信

日刊スポーツ

<高校野球京都大会:洛北8-4京都八幡>◇11日◇2回戦◇わかさスタジアム京都

 洛北(京都)のエース三添聖人投手(3年)が11安打を浴びながらも、粘りの投球で完投勝利した。

 初回、立ち上がりを狙われ、本塁打などで4失点。「緊張していた。点を取られてから、落ち着けた」とピンチをチャンスに替えた。2回からは立ち直り、得意のスライダーとチェンジアップを駆使し、初回以降得点を許さなかった。打っては、2回に田村大翔内野手(2年)の左前適時打などで6得点。逆転して流れを引き寄せた。

 次の対戦相手は、乙訓対東山の勝者と。乙訓が勝てば、昨夏3回戦のリベンジマッチになる。三添は「去年は自分が投げて負けた。次は最後まで投げて勝ちたい」と早くも闘志を燃やしている。

最終更新:7/11(火) 14:50
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 16:55