ここから本文です

日本株続伸、4カ月ぶり円安と米テクノロジー株高-電機、通信上げる

7/11(火) 8:03配信

Bloomberg

11日の東京株式相場は続伸。為替が4カ月ぶりのドル高・円安水準に振れたほか、米国テクノロジー株の上昇が好感された。電機や精密機器など輸出株、繊維や化学など素材株が高い。前日売られたKDDIなど情報・通信株には見直し買いが入った。

TOPIXの終値は前日比11.66ポイント(0.7%)高の1627.14、日経平均株価は114円50銭(0.6%)高の2万195円48銭。TOPIXは年初来高値を更新し、2015年8月19日以来の水準。

T&Dアセットマネジメントの神谷尚志チーフ・エコノミストは、「ISM製造業景況指数の伸びに続き、雇用統計でも米国経済の堅調さを確認し、米金融当局の政策は揺るがないという見方から為替はドル高・円安基調にある」とし、「国内企業業績の改善が期待される」と話した。

きょうのドル・円相場は午後に入り1ドル=114円40銭台と、3月15日以来のドル高・円安水準に振れた。前日の日本株終了時は114円16銭。米サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁は11日、シドニーでの質疑応答で年内さらに1回の利上げ予想は妥当に見えると発言したほか、直近の米雇用統計は景気の強さを示すなどと述べた。

神谷氏は、「米金融当局が米経済に自信があるということを確認した」と言う。また、大和証券投資戦略部の三宅一弘チーフストラテジストは、「会社想定の1ドル=110円より若干円安で推移し、115円程度なら今期の税引き後利益の増益率は現在の10%から約15%にアップする」と分析。月末にかけ本格化する国内企業業績に対する期待の広がりを指摘した。

この日の日本株はTOPIXが小幅高、日経平均は小幅安とまちまちで始まったが、円安傾向から堅調さを増し、午後はじりじりと上げ幅を広げた。電機など輸出株は、前日の米テクノロジー株の上昇も支援材料。半導体株の指標となるフィラデルフィア半導体指数(SOX)は、10日の取引で1.2%高だった。SMBCフレンド証券投資情報部の松野利彦チーフストラテジストは、「中国の半導体への需要はいまだに旺盛で、半導体株は恩恵を受けている」とみる。

1/2ページ

最終更新:7/11(火) 15:45
Bloomberg