ここから本文です

クマに頭噛まれ目覚める、キャンプ中の指導員が負傷 米

7/11(火) 11:07配信

CNN.co.jp

(CNN) 米コロラド州のキャンプ場でこのほど、子どもたちのサマーキャンプを指導していた男性が、就寝中にクマに頭を噛まれて負傷する出来事があった。

コロラド州公園野生生物局によると、被害に遭ったのは19歳の男性指導員。9日午前4時ごろ、ガリガリという物音で目を覚ました瞬間、激痛が走ったと話している。クロクマが男性に噛みついて、引きずろうとしているところだった。

被害に遭った男性はCNN系列局KMGHの取材に対し、「ガリガリという音は、頭蓋骨(ずがいこつ)に歯が突き刺さる音だったらしい」と振り返り、「クマは私をつかんで引き寄せ、それから私の後頭部に噛みついて引きずった」と語っている。3~4メートルほど引きずられたところで、別のスタッフが気づいてクマを追い払った。

クマはキャンプ場のスタッフが寝泊まりしていた場所に迷い込んだらしい。キャンプに参加していた子どもたちは無事だった。負傷した男性はボールダーに搬送されて手当てを受け、既に退院しているという。

クロクマは一般的に、怒らせなければ人を襲うことはない。しかし当局は、今回男性を襲ったクマは危険だと判断し、追跡して駆除する方針を明らかにした。

キャンプ主催者は、子どもたちのサマーキャンプを今後も続ける予定。「(キャンプ場は)山間部にあって、ロッキー山脈国立公園から数キロしか離れていないので、シーズンを通じてさまざまな野生生物との遭遇が予想される」としている。指導するスタッフは、ヘラジカやヤマネコ、クマなどが出没した場合の対応について訓練を受けているという。

最終更新:7/11(火) 11:40
CNN.co.jp