ここから本文です

バフェット氏の寄付「ビッグ・バン」、3兆円突破-17年は過去最大

7/11(火) 12:17配信

Bloomberg

米資産家ウォーレン・バフェット氏によるビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団などの慈善基金への寄付は、2017年の過去最大分を含めて総額270億ドル(約3兆800億円)超に達した。

米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイの最高経営責任者(CEO)を務めるバフェット氏(86)は、クラスB株1860万株を最新の寄付で5つの財団に贈与した。バークシャーが10日発表した。今回の寄付は約31億7000万ドル相当。

バフェット氏は昨年の終わりにゲイツ夫妻に充てた書簡で、2006年に自分の資産の大部分を慈善財団に寄付すると誓約した際、自身の子供たちから「ビッグ・バン」と呼ばれたことを明らかにした。この中でバフェット氏は、夫妻に慈善活動をどう評価し、最終的にどのようなスコアカードにしたいか書簡を記すよう促していた。

これに応じたゲイツ夫妻は「世界で最も貧しい人々が過去25年にわたって達成してきた目覚ましい前進の物語」と呼ぶ書簡を記し、家族計画の促進や栄養失調対策、子供用ワクチンの提供といった取り組みについて説明した。

バフェット氏の寄付は06年に同氏が打ち出した方式に従って自動的に行われている。

原題:Buffett’s ’Big Bang’ Exceeds $27 Billion After Latest Gifts (1)(抜粋)

Natasha Rausch

最終更新:7/11(火) 12:17
Bloomberg