ここから本文です

グーグル、フランスで約1500億円追徴課税も-裁判所が12日にも判断

7/11(火) 20:25配信

Bloomberg

米アルファベット傘下のグーグルに対し、フランスで11億2000万ユーロ(約1460億円)に上る追徴税を支払う義務があるのか週内に判断が下される見通しだ。グーグルは6月に欧州連合(EU)から競争法違反として過去最大の制裁金を科されたばかりだ。

パリの裁判所は12日にも、グーグルがフランスでの売り上げをアイルランドで計上し、フランスにおける納税義務を違法に逃れた疑いについて判決を言い渡す。アイルランドのグーグル欧州本社がフランスに恒久的な拠点を持っているかのように見なし、課税できるかが焦点となる。

フランス当局の判断について、グーグルの担当者はコメントを控えた。同社はこれまで、フランス法を順守し、当局の疑問に答えるため全面的に協力していると主張していた。

原題:Google Faces $1.3 Billion French Ruling Amid Rising Tax Populism(抜粋)

Gaspard Sebag

最終更新:7/11(火) 20:25
Bloomberg