ここから本文です

登場人物は全員こども。三谷幸喜の新作舞台が開幕

7/12(水) 9:57配信

チケットぴあ

天海祐希、大泉洋、吉田羊、小池栄子ら錚々たる顔ぶれが集結する「子供の事情」が7月8日、新国立劇場中劇場で開幕した。

舞台写真、4点

物語の時代背景は、実際に、三谷幸喜が10歳だった1971年が舞台。東京・世田谷の、とある小学4年生の教室で繰り広げられる複雑な人間関係に、思わず、「子供だって子供なりに大変だったんだよね」と観る側も、妙にうなずいてしまう三谷ワールドが描かれている。

東京・世田谷の小学校4年3組の教室。いつも放課後に残っているのは、だいたい同じ顔ぶれ。アニキ(天海祐希)、ホリさん(吉田羊)、ゴータマ(小池栄子)、ヒメ(伊藤蘭)、ジゾウ(春海四方)、ドテ(小手伸也)、リピート(浅野和之)に、彼らのあだ名をつけたホジョリン(林遣都)たち8人。スーパーエイトと呼ばれる彼ら8人には、学級委員のソウリ(青木さやか)がいつも目を光らせている。と、そこへ、ちょっとミステリアスな転校生ジョー(大泉洋)が現われたことで、クラスのパワーバランスが……。

ゲネプロ終了後の出演者コメント。天海「今回、子供時代を振り返り、自分を愛おしんであげたい気持ちになりました。きっと懐かしい気持ちになると思いますよ」、大泉「子供の気持ちで読むとグッとくる部分と大人の世界と変わらない怖さもあって、三谷さんらしさと同時に、新たな一面も感じさせる面白さがありますね」、吉田「大人顔負けの裏切りや駆け引きも繰り広げられていますが、三谷さん流のファンタジーで“こんなこと言っててもみんな10歳なんだよね”とニヤニヤと観ていただけると思います」、小池「私の小学生時代を覗かれていたのか!?と思う場面があるんです(笑)。あまり10 歳を意識しなくても、三谷さんの台本そのままにやっていたら面白くなった、という実感ですね」、伊藤「子供なりに悩みがあり、傷ついたり、笑い合ったりしながら、いつの間にか大人になってしまう。“自分もそうだったなあ”と思い出しながら観ていただけたら嬉しいですね」とそれぞれに感じたところを来場者へ向けたメッセージとして語った。

公演は8月6日(日)まで。

最終更新:7/12(水) 9:57
チケットぴあ