ここから本文です

「残業代ゼロ」修正案合意へ 政労使、連合の要請を反映 今秋国会に提出

7/12(水) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 政府は、専門職で年収の高い人を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」=キーワード=を盛り込んだ労働基準法改正案を、連合の要請を受けて修正する方針を固めた。働き過ぎを防ぐ対策の強化を求める連合の要請を受け入れ、月内にも政府、経団連、連合が「政労使合意」を結んだうえで、今秋の臨時国会に改正案を出し直す見通しだ。▼3面=一転容認

 政府は同制度の導入を盛り込んだ労基法改正案を2015年4月に国会に提出済み。経済界が導入を求める一方、野党や連合が「残業代ゼロ法案」「長時間労働を助長する」などと反対し、一度も審議されていない。……本文:1,827文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社