ここから本文です

〔ロンドン株式〕反落(11日)

7/12(水) 1:30配信

時事通信

 【ロンドン時事】11日のロンドン株式市場の株価は、英通貨ポンドの上昇を眺めて3営業日ぶりに反落し、FT100種平均株価指数は前日比40.27ポイント(0.55%)安の7329.76で終了した。値下がり銘柄は約7割に達した。資源株には買いが入った。
 英シティ・インデックスのアナリスト、ケン・オデルガ氏は「ここ2、3週間は不安定な状況が続いている。調整局面に入るとは思わないが、一段安の公算が大きいように思われる」と予想した。
 個別銘柄では、英教育・メディア大手ピアソンが5.14%の大幅安。小売大手マークス・アンド・スペンサーは4.69%安、英食品・小売大手アソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズは4.08%安、英保険大手プルーデンシャルは2.70%安、高級衣料バーバリーは2.47%安、英たばこ大手ブリティッシュ・アメリカン・タバコは2.14%安、衣類小売ネクストは2.06%安。
 一方、スイス資源大手グレンコアは2.14%高、鉱業大手アングロ・アメリカンは1.55%高、産金大手フレスニーヨは1.19%高、英・豪系資源大手リオ・ティントは0.79%高と買われた。

最終更新:7/12(水) 2:26
時事通信