ここから本文です

安倍総理が被災地訪問 記録的豪雨災害1週間 福岡県内で死者22人 安否不明22人

7/12(水) 12:20配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

福岡と大分を襲った記録的な豪雨災害から12日で1週間です。

福岡県内では、これまでに22人が亡くなり、依然として22人の安否が分かっていません。

住民20人と連絡が取れていない朝倉市では、被害が大きかった杷木地区で、安否が分からない人の自宅の周辺などを中心に、自衛隊がさらに人数を増やして、夜を徹しての捜索をしています。

福岡県内で孤立している地区はなくなりましたが、依然として朝倉市や東峰村などで1千人余りが避難を余儀なくされていて、避難生活が長引くことで、体力の低下や体調不良などが懸念されています。

12日は、外遊先から予定を早めて帰国した安倍総理が、福岡と大分の被災地を訪れ、現場や避難所を視察しているほか、自治体の関係者と意見交換をする予定です。

テレビ西日本

最終更新:7/12(水) 12:50
TNCテレビ西日本