ここから本文です

甲子園で「0勝7敗」経験を本に 元監督がやっちまった「痛恨の失敗」 教え子のLINEに青ざめる…

7/13(木) 7:00配信

withnews

 「甲子園の負け方、教えます」。そんな衝撃的なタイトルの本があります。著者は、岩手県にある盛岡大学付属高校で2008年まで野球部の監督を務めていた沢田真一さん(52)。7回出場した甲子園で、ただの一度も勝ったことがありません。自らの失敗をつまびらかにすることで後進の参考になればと執筆しました。しかし、沢田先生、本のなかでも、また失敗してしまったのです。(朝日新聞スポーツ部記者・山下弘展)

【画像】今はもう見られない…幻の「甲子園文字」 独特の書体、難読校名との格闘

甲子園春夏計7回出場、1勝もできず

 沢田先生は盛岡大付を率いて、夏の全国選手権大会に6回(1995年、1996年、2001年、2003年、2004年、2008年)、春の選抜大会に1回(2003年)出場し、一度も勝てませんでした。

 退任後の今は、教頭先生を務めています。本の出版は5月。初版は5千部で、6月26日に重版が決まりました。

 「ありがたい限りです。印税は妻にすべて渡します。監督時代から迷惑をかけ、印税も退職金も『すべて君のもの』と言ってあるので」

初戦敗退のトラウマからバントに頼り…

 本では、部員は14人、バット3本とボール20個、グラウンドもないという状況から、甲子園出場を勝ち取るまでの軌跡を紹介しています。

 1995年、甲子園初出場を果たしますが初戦敗退という結果に。待っていたのは壮絶なバッシングでした。そのトラウマから、いつもはしなかったバントを多用した「失敗」を、生々しいエピソードとともに振り返っています。

 数ある「失敗」の中でも、沢田さんが後悔しているは「敗戦を直視できなかったこと」。甲子園で負けた試合のVTRを見返せず「間違った自信を見直せないまま、間違った練習を続けてしまった」と語ります。

甲子園初勝利は教え子が果たす

 盛岡大付はいま、沢田先生の教え子でもある関口清治監督が指揮を執っています。2013年の選抜大会で、沢田先生が果たせなかった甲子園初勝利を挙げます。2016年の全国選手権大会、2017年の選抜大会は、2季連続で二つ勝ちました。

 「悔しさはないといえば、うそになります。でも、教え子が勝ってくれたのはうれしいのです。会社でも代替わりでダメになることがあるじゃないですか。私はいい形でバトンタッチしたかった。全国には監督の交代で失敗するところもあります。うちはうまくいったと思います」

1/2ページ

最終更新:7/13(木) 7:00
withnews