ここから本文です

チャイナエア、A350でガトウィック 12月、週4往復

7/12(水) 12:56配信

Aviation Wire

 台湾のチャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)は、12月に台北(桃園)-ロンドン(ガトウィック)線を直行便で開設する。週4往復の運航で、同路線は台湾で唯一のロンドン直行便となる。

 現地時間12月1日から、月曜と水曜、土曜、金曜に運航する。運航機材はエアバスA350-900型機で計306席(ビジネス32席、プレミアムエコノミー31席、エコノミー243席)。

 ロンドン行きCI69便は台北を午前9時30分に出発し、午後3時30分に到着する。台北行きCI70便はロンドンを午後9時15分に出発し、翌日午後6時30分に到着する。金曜のCI69便は35分早発着する。

 チャイナエアは14機のA350-900を発注済み。初号機は2016年9月30日、仏トゥールーズで受領し、6月末現在で6機を導入している。

 台湾からのロンドン行きは、エバー航空(EVA/BR)が運航。バンコク経由のヒースロー線を、1日1往復運航している。

Yusuke KOHASE

最終更新:7/12(水) 12:56
Aviation Wire