ここから本文です

ブレグジットに伴う支払金、EUの要求は「法外な金額」=英外相

7/12(水) 0:27配信

ロイター

[ロンドン 11日 ロイター] - 英国のジョンソン外相は11日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)に伴いEUが英国に求める支払金は「法外な金額だ」と述べた。

EUは、「ブレグジット費」とも言われる支払金をどのように算出するかについて合意した後に自由貿易を協議したい意向だ。支払金は未払いのEU予算分担金などを含み、何百億ユーロにも及ぶ。

EUがブレグジットに伴い支払金を求めるのであれば「諦めろ」と伝えるべきかとの議員からの質問に対してジョンソン氏は「これまでに提示された支払金は法外な金額だ。『諦めろ』は非常に適切な返答だ」と答えた。

メイ英首相は、EU離脱交渉について、合意がないよりもひどい条件になるようであれば合意なしに離脱する用意があると表明している。

ジョンソン氏は、合意に達することは両者の利益となるため合意なしに離脱する可能性は低いと言う。「合意なし」の意味を説明してほしいと主張した上で「合意なしとの予定はない。最高の合意に達するからだ」と述べた。

メイ氏の報道官は「さまざまなシナリオ」を想定した危機管理計画を進めていると述べた。

最終更新:7/12(水) 0:30
ロイター