ここから本文です

トム・クルーズが麻薬密輸で荒稼ぎ!?主演アクション「バリー・シール」予告初披露

7/12(水) 8:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース]トム・クルーズが主演した映画「バリー・シール アメリカをはめた男」の予告編が、このほど初披露された。今作のクルーズは、麻薬密輸で莫大な財産を手にした実在のCIA職員バリー・シールを熱演。映像では“アメリカ史上最高にぶっ飛んだ男”の人生を、スリル、アクション、コメディ満載で映し出している。

【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら

 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のクルーズとダグ・リーマン監督が再タッグを組んだクライムアクション。天才的な操縦技術を持ち、民間航空会社のパイロットとして不自由なく暮らしていたバリーのもとに、CIAのエージェントがスカウトに現れる。極秘作戦の偵察機パイロットに転身したバリーは、作戦の過程で麻薬王パブロ・エスコバルらと接触。“運び屋”としても才覚を発揮し始め、ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な密輸ビジネスで巨万の富を築いていく。しかし堕ちていくバリーの背後には、とんでもない危険が迫っていた。

 これまで35年以上にわたってハリウッドのトップに君臨し続けるクルーズが、金におぼれ悪事に染まっていくバリーを泥臭く、かつユーモアたっぷりに好演。予告では冒頭の飛行機と自転車による逃走劇などのアクションや、美女とのラブロマンス、麻薬をめぐる緊迫のクライムサスペンス、ウィットに富んだ軽快なコメディなどがふんだんに盛り込まれており、クルーズの魅力を大いに堪能することができる。

 「バリー・シール アメリカをはめた男」は、ほか「アバウト・タイム 愛おしい時間について」「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のドーナル・グリーソン、「21オーバー 最初の二日酔い」のサラ・ライトらが共演。10月から全国で公開される。

最終更新:7/12(水) 8:00
映画.com