ここから本文です

EPA最終合意「できるだけ早期に」=EU幹部と会談―世耕経産相

7/12(水) 5:28配信

時事通信

 【ブリュッセル時事】世耕弘成経済産業相は11日、ブリュッセルで欧州連合(EU)高官らとの会談後に記者団に対し、先に大枠合意した日欧経済連携協定(EPA)に関し「できるだけ早期に実質合意に持っていくことが世界経済のためにも重要だ」と述べ、最終合意を急ぐ考えを強調した。

 
 世耕氏は、自由貿易の後退を懸念する人々に向け、EPAの大枠合意が「非常に強いメッセージ」を出したとした上で、日本が交渉中の東アジア地域包括的経済連携(RCEP)などの行方にも大きな影響を与えるとの見方を示した。一方、「おしりを切るのは適当でない」と語り、最終合意の目標期限には言及しなかった。 

最終更新:7/12(水) 9:12
時事通信