ここから本文です

藤井四段“14歳連勝締め” 19日誕生日を前に「成長できた1年」

7/12(水) 5:59配信

デイリースポーツ

 昨年12月のデビュー以降無敗で「29」連勝を達成し、最多記録を更新した中学3年生の最年少棋士・藤井聡太四段(14)が11日、関西将棋会館で加古川青流戦の対局に臨み、都成竜馬四段(27)を撃破。加古川青流戦でのベスト8入りを決めた。

【写真】藤井四段の”勝負メシ” 食レポ並みの人気に

 19日が誕生日で、この日の対局が14歳での最後の公式戦。驚異の終盤力を発揮しての“連勝締め”に、局後は「結果として勝てたのはうれしかった」と頬を緩ませた。

 今や全棋士が恐れる驚異の終盤力で逆転勝利。一足早い15歳のバースデープレゼントを自らつかみ取った。

 14歳最後の公式戦。1年前は、奨励会の三段リーグの真っ最中だった。社会現象にまでなった怒濤(どとう)の1年を「本当に周りの環境含めて変わった部分が大きかった。成長できた1年」と振り返った。

 対戦相手の都成四段は、公式戦でこれまで2度対局し連勝していた“お得意様”。「3局目を意識せずに自然体で」と話したように気負いはなかった。先手の都成四段が中飛車の形に組むと、居飛車で対抗。中盤では都成四段がやや優勢との見方もあった。

 しかし双方持ち時間を使い切り、1分将棋の激しい攻防になると、藤井四段が正確無比な指し手でジワジワと差を広げた。終局後は「序盤からお互い難しい将棋。途中、踏み込みを欠いてしまい、中盤も自信のない戦いで…。最後は、(勝てて)幸いでした」と言葉を選んだ。

 誕生日を迎えると、高校進学するか、悩む中3の藤井少年にとって、学生生活最後となるかもしれない夏休みがやってくる。この日も対局終了後、8月の対局日程を調整。関係者によると8月も対局が多く予定されており、将棋漬けの日々だ。

 次戦は今月21日に上州YAMADAチャレンジ杯で三枚堂達也四段(23)と梶浦宏孝四段(22)の勝者と対局する。勝利すれば、来月27日の準決勝・決勝に進出。一般棋戦で初Vも視野に入ってきた。「次の1年も強くなれるように頑張りたい」。最高の夏休み、最高の15歳にするべく、神の子が力強く誓った。