ここから本文です

高橋優、平野紫耀主演の恋愛映画で映画初出演!

7/12(水) 6:00配信

シネマトゥデイ

 シンガーソングライターの高橋優が、目黒あむの人気漫画を実写化する映画『honey』(2018年公開)に俳優として出演することが決定した。平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)演じる赤髪の不良・鬼瀬大雅と、彼に結婚を前提にした交際を申し込まれた女子高生・小暮奈緒(平祐奈)の恋を描く青春ラブストーリーで、高橋は奈緒の叔父・小暮宗介にふんする。本作が映画初出演となる高橋は「撮影現場は自分が思い描いていたよりも、はるかに楽しかった」と振り返りながら、「演じている分には楽しかったんですけど、撮影中、自分のシーンをあんまりチェックしていないので、自分がどういう芝居をしたか、どう映っているか、わからないので気がかりです(笑)なにぶん結果(完成)を見てないのですが、見るのも楽しみにしています」と心境を語っている。

【写真】高橋優、念願かなって『クレヨンしんちゃん』に出演!

 映画『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』(2017)にカメオ出演するも、本格的な演技挑戦は今回が初となる高橋。演じる宗介は、小さい頃に両親を亡くした奈緒のために仕事を辞めて奈緒の両親の喫茶店を継ぎ、毎日「おかえり」を言い続ける奈緒の唯一の家族という設定だ。高橋は「普段、歌を歌うときは、僕は作詞作曲をしていて、ステージングまで結構、僕が意見を言ってやらせてもらっている部分が多いんですけど、映画に関しては完全に監督の思い描いているものに自分が近づいていく作業だと思っていて」と音楽と映画の違いをふまえつつ、「今までの自分の人生でそういうことをやったことがなかったので、できるだけ、自分がどうやりたいかよりも、監督がどうしたいのかを聞きながら、演じるようにしました」と自分なりのアプローチを明かした。

 高橋は2013年に放送されたテレビドラマ「みんな!エスパーだよ!」(テレビ東京系)のオープニングテーマを担当しており、タイトルバックに登場した高橋を見た神徳幸治監督は「俳優たちの真ん中でまっすぐな目をして歌う彼を観た時の衝撃が忘れられず、いつか仕事をしたいと思っていましたが、まさか俳優として仕事をするとは思ってもみませんでした」と念願かなった喜びを表している。

 横浜流星、水谷果穂、浅川梨奈(SUPER☆GiRL)、佐野岳のほか、宗介の昔の同僚で元恋人に臼田あさ美、鬼瀬を女手一つで育ててきた母親に中山忍、宗介の喫茶店フェリーチェの常連客・田崎和彦に坂田聡と実力派が脇を固める。(編集部・石井百合子)

最終更新:7/12(水) 6:00
シネマトゥデイ