ここから本文です

YOSHIKI「地獄です」 首手術後初ライブはピアノで参戦

7/12(水) 5:59配信

デイリースポーツ

 「頸椎椎間孔狭窄症(けいついついかんこうきょうさくしょう)」のため5月16日に人工椎間板置換手術を受けたX JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)が11日、大阪城ホールでX JAPANの世界ツアー初日公演に参加し、術後初のライブパフォーマンスを披露した。

【写真】手術直後、痛々しい姿でベッドに横たわるYOSHIKI

 首への負担を考慮し、ドラムではなくピアノで参加。痛み止めを服用して臨んだ。開演前の会見では「(鍵盤の)どの音をたたいても痛い。地獄です」と話したが、手術からの完全復活について「早ければ年内に」とめどを明らかにした。

 予定から1時間10分おして始まったステージでは、白いジャケットに、首を保護する黒いサポーター姿。「やれるかどうか悩んだが、みんなのおかげでコンサートができて感謝しています」とあいさつ。ピアノ演奏で1万人の聴衆を魅了した。