ここから本文です

ジェームズ・フランコ、コーエン兄弟の西部劇アンソロジーに主演

7/12(水) 11:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] ジョエル&イーサン・コーエン兄弟が監督・脚本を手がける西部劇ドラマ「The Ballad of Buster Scruggs(原題)」に、ジェームズ・フランコが主演することがわかった。

 フランコがコーエン兄弟作品に出演するのはこれが初めて。米Playlistによれば、本作は6話構成のアンソロジーシリーズで、フランコは荒野のならず者を描く第2話「Near Algodones」に主演し、スティーブン・ルート、ラルフ・アイネソンと共演するようだ。そのほかのエピソードには、ティム・ブレイク・ネルソン、タイン・デイリー、ゾーイ・カザンが出演する。本作は、米アンナプルナ・ピクチャーズが新たに立ち上げたテレビ部門アンナプルナ・テレビジョンとの共同プロジェクトになる。

 フランコは、監督・主演を務めた新作「The Disaster Artist(原題)」が今年のサウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)で絶賛された。同作は、史上最低の映画と言われる2003年のトミー・ウィソー監督・製作・脚本・主演作「The Room(原題)」のメイキング過程を描いた作品で、フランコがウィソー役を演じ、実弟のデイブ・フランコ、アリソン・ブリー、ザック・エフロン、セス・ローゲンが共演。A24が配給権を獲得しており、賞レースも視野に入れた12月2日に全米公開される。

最終更新:7/12(水) 11:02
映画.com