ここから本文です

【タイ】エカマイのバスターミナル、移転に向け調査

7/12(水) 11:30配信

NNA

 タイで長距離バスを運行する国営トランスポートのチラサック社長は10日、バンコクのエカマイにある東バスターミナルの移転に向けて5カ月にわたり事業化調査を実施することを明らかにした。調査結果に基づき移転先を決定する方針。11日付バンコクポストが報じた。
 東バスターミナルの移転は、格安航空会社(LCC)など他の長距離輸送機関との競争激化に備えるとともに、跡地を再開発して増収を図る目的で実施する。バンコク東部バンナーが移転先の候補との報道があったが、チラサック氏は「現時点では決定していない」と述べた。
 既存の東ターミナルは面積が7ライ(1.12ヘクタール)で、高架鉄道(BTS)のエカマイ駅の近くにあるため、再開発の事業性は有望とみている。首都圏鉄道「ブルーライン」が通過するファイチャイ交差点付近、ピンクラオ・ナコンチャイシー通りにある2カ所の所有地でも開発を計画しており、面積はそれぞれ3ライ、10ライ。

最終更新:7/12(水) 11:30
NNA