ここから本文です

侍Jの新監督候補、稲葉氏に一本化 東京五輪を指揮

7/12(水) 4:00配信

朝日新聞デジタル

 2020年東京五輪に出場する野球の日本代表「侍ジャパン」の新監督候補が元日本ハムの稲葉篤紀氏(44)で一本化された。新監督は、プロ・アマ合同で作る侍ジャパン強化委員会が交渉を進め、7月中に発表される見通し。

 強化委は「東京五輪での金メダル獲得」を目標に、歴代の五輪、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督らからヒアリングを行うなどして、代表チームの体制作りを進めている。関係者によると、その中で新監督の人選について、実績とともに世代交代の必要性の声が多く寄せられたという。

 稲葉氏は愛知・中京高(現中京大中京高)から法大を経てヤクルト、日本ハムで外野手、一塁手としてプレー。日本代表として08年北京五輪、09年と13年のWBCに出場するなど国際試合の経験も豊富だ。監督経験はないが、今年3月のWBCでは侍ジャパンの打撃コーチを務め、選手からの人望を含めた評価で「若い指導者」として有力候補に挙がった。また、ファンからの人気面でも、野球解説者としてテレビなどでの「発信力」が高く評価されているという。

 侍ジャパンは新たに強化本部長などを置いて、新監督をサポートする体制を強化する方針。強化委は強化本部長の人選も進めており、新監督と同時に7月中に発表する予定という。

 新監督は11月16~19日に東京ドームで開かれる日本、韓国、台湾による「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(主に24歳以下)が初陣となる。

朝日新聞社