ここから本文です

バンダイナムコ 新宿・VR施設でゲームの主人公に

7/13(木) 8:15配信

SankeiBiz

 バンダイナムコエンターテインメントは12日、仮想現実(VR)技術を使った娯楽施設(東京都新宿区)を報道陣に公開した。14日にオープンする。

 開設されるのは「VR ZONE SHINJUKU」。主に、ゴーグル型端末やヘッドホンなどを装着すると周囲が仮想空間となり、さまざまな体験ができる。アトラクションは、漫画「ドラゴンボール」やゲーム「マリオカート」の主人公になるなど15(開設時は14)種類を用意した。料金は、入場と4つのアトラクションを体験できる券が4400円など。

最終更新:7/13(木) 8:15
SankeiBiz