ここから本文です

【Excel】プレゼン用にインパクトのあるグラフを作りたい! エクセルで棒グラフを目立たせるテク2選

7/12(水) 6:55配信

Impress Watch

 Excel(エクセル)は、仕事や普段の生活で使う機会の多い、最も身近なアプリケーションのひとつです。しかし、「イマイチよくわからないまま使っている」「実は少し苦手……」という人も多いのではないでしょうか? この連載では、いまさら人に聞けないけど、知っていれば必ず役に立つ、Excelを使いこなすためのノウハウを紹介します。

【この記事に関する別の画像を見る】

◆ プレゼンで印象に残る棒グラフを作りたい!

 Excelで作ったグラフを入れたプレゼン資料を作成する機会も多いのではないでしょうか。

 Excelではグラフを自動で簡単に作成できますが、そのグラフにさらにひと工夫するだけで、強調したい部分を目立たせ、印象に残る棒グラフにすることができます。

 今回は、Excelで目立つ棒グラフを作れる2つのテクニックを解説します。

■テクニック1 グラフ全体を太くして目立たせる

 1つ目は、グラフ全体を太くして目立たせるテクニックです。シンプルなテクニックではありますが、細いグラフよりもインパクトがあり、大きな画面でのプレゼンでもよく目立つグラフが作れます。

 部署別の売上高をまとめた表(①)から棒グラフを作成し、グラフを太くしてみましょう。

 グラフにしたいセル範囲をドラッグして選択します。ここではセル範囲A2:D8(②)を選択します。

 セル範囲を選択できたら、[挿入]タブ(③)をクリックし、作成したいグラフの種類を選択すると、グラフが自動で作成されます。ここでは[縦棒グラフ](④)→[積み上げ3-D縦棒](⑤)としています。

 それでは、グラフを太くしていきましょう。グラフの棒の上で右クリック(⑥)すると、メニューが表示されるので、[データ系列の書式設定](⑦)をクリックします。

 画面の右側に、[データ系列の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。[系列のオプション]の[要素の間隔]のバーの目盛りを左に動かします(⑧)。バーの右側に表示されている数字が小さくなります。

 グラフの棒が太くなりました(⑨)。シート上のセルをクリックすると、グラフへの変更が確定されます。グラフ以外の場所であれば、どのセルでも構いません。

 操作手順を見ておわかりいただけたように、グラフの棒そのものを太くするための設定項目はありません。「棒と棒との間隔を狭くする」=「グラフが太くなる」と考えることがポイントです。

■テクニック2 目立たせたいところだけ色を変えて強調する

 2つ目は、棒グラフの中で目立たせたいところだけ色を変えるテクニックです。

 競合他社との売り上げを比較したグラフ(①)の中で、自社のデータのグラフだけ色を変えてみましょう。

 色を変えたい棒をゆっくり2回クリックします(②)。ダブルクリックではなく、ゆっくり2回クリックするのがポイントです。1回目のクリックでグラフの中のすべての棒が選択され、2回目のクリックで1本だけが選択されます。

 色を変えたい棒が選択されたら、その棒の上で右クリック(③)します。メニューが表示されるので、[データ要素の書式設定](④)をクリックします。

 画面の右側に[データ要素の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。[塗りつぶしと枠](ペンキのようなアイコン)(⑤)→[塗りつぶし(単色)](⑥)をクリックし、[色](⑦)から変更したい色(⑧)を選択します。

 棒の色が1本だけ変わりました(⑨)。シート上のセルをクリックすると、変更が確定されます。

■ちょっとした工夫で目立つ棒グラフを簡単に作れる

 今回は、Excelで棒グラフを太くするテクニックと、目立たせたい棒だけ色を変えるテクニックを解説しました。

 これらのテクニックを使えば、自動で作成されたグラフよりも、よりわかりやすい棒グラフを作ることができます。

 知っておくと必ず役に立つテクニックなので、プレゼン資料などを作る際にはぜひ活用してくださいね。

窓の杜,トップスタジオ

最終更新:7/12(水) 6:55
Impress Watch