ここから本文です

(国公立大学のいま:下)夢追い、憧れのキャンパスへ

7/12(水) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 多様な学びの選択肢が広がる中、国公立大で学ぶ意義は何でしょうか。卒業生や伝統高の校長、世界の大学を知る識者に話を聞きました。

 ■「勉強は貴重」…子育てして痛感 東京学芸大卒・優木まおみさんに聞く
 「お金がないから、国立大学しか行かせられない――」。高1のころ、両親にそう言われました。実家は佐賀で、ラーメンが1杯500円ぐらいの中華料理屋を営んでいます。裕福な家庭ではないので、学費や寮費が安い国立大なら進学してもいいと言われました。
 それから、私立大には目もくれず、国立大だけを調べました。国立大の受験は全科目をまんべんなくできなくてはいけないので、苦手な理科もやりました。……本文:5,633文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社