ここから本文です

故宮博物院、無料公開の画像を商業利用可能に/台湾

7/12(水) 18:57配信

中央社フォーカス台湾

(台北 12日 中央社)国立故宮博物院は11日、データベース「故宮Open Data専区」で無料公開している低・中解像度の画像の商業利用を許可すると発表した。申請は不要。故宮は、自由に創意を発揮してもらえればと画像の利用を歓迎している。

無料利用が許可されているのは同データベースの「文物検索ダウンロード」(文物査詢下載)と「精選画像ダウンロード」(精選図像下載)に収録されている画像。文物検索のデータベースでは7万点以上、精選画像では2000点以上が公開されている。故宮の三大至宝とされる翠玉白菜、肉形石、毛公鼎も含まれる。故宮は昨年9月から画像の無料公開を始めていたが、利用範囲は非営利目的に限られていた。

故宮が著作権を許諾した商品や出版物の複製および盗作は著作権侵害とされる。

画像の無料公開は、故宮が推進する所蔵品のパブリックドメイン化の理念に基いて行われるもの。昨年12月には館内の撮影が条件付きで正式に解禁された。

(鄭景ブン/編集:名切千絵)