ここから本文です

マルダがフランス領ギアナ代表でゴールド杯に強行出場…規定違反で処分も?

7/12(水) 15:19配信

GOAL

元フランス代表のフローラン・マルダが、フランス領ギアナ代表として、CONCACAFゴールドカップのグループ第2節ホンジュラス戦に出場し、物議を醸している。

マルダは2004年から2012年までフランス代表として80キャップを記録しており、2006年のドイツ・ワールドカップでは準優勝も経験。近年は生まれ故郷のフランス領ギアナ代表としてプレーしていたが、FIFA公式試合で異なる2つの代表での出場は不可となるため、CONCACAFゴールドカップの出場はFIFAの規定に反するものと見られていた。

そのため、マルダは開幕戦のカナダ戦で欠場。しかし、第2戦のホンジュラス戦ではキャプテンマークを巻いてまさかの先発出場。マルダは先発フル出場で最後までピッチに立ち続けたものの、スコアレスドローに終わっている。

このマルダの出場を受けて、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)は「マルダの出場はCONCACAFの懲戒委員会で審議の対象になる」との声明を発表しており、一部報道によると、事実上の失効試合となり、ホンジュラスの3-0での勝利という結果になる可能性が有力視されているという。

元フランス代表でありながら、生まれ故郷の代表チームで主将を務めたマルダ。同選手のゴールドカップ出場は、今後大きな問題として取り沙汰されることになりそうだ。

GOAL

最終更新:7/12(水) 15:19
GOAL