ここから本文です

毛沢東メモに1億円=想定価格の10倍―英

7/12(水) 6:55配信

時事通信

 ロンドンで11日、中国の古典文学に関する毛沢東(1893~1976年)の自筆メモが競売にかけられ、想定価格の約10倍に当たる70万4750ポンド(約1億円)で落札された。

 
 メモは75年、視力低下で読書が困難になっていた晩年の毛沢東が朗読者として雇った女性教授に対して書いた。毛沢東は当時、発語にも問題を抱えており、教授が意思疎通の円滑化を図るため、メモ用紙に考えていることを書いてもらうようにしていたという。

 毛沢東は中国の古典文学を深く愛していたことで知られる。競売商サザビーズはメモに関し、希少価値が極めて高く、「文学に対する毛の考えについて、数多くの貴重な見識をもたらしている」と指摘している。 

最終更新:7/12(水) 8:37
時事通信