ここから本文です

人気のRyzen向けMini-ITXマザーがASRockからも登場、X370とB350の2種類

7/12(水) 7:10配信

Impress Watch

 Socket AM4に対応したMini-ITXマザーボードが2モデル登場、ASRockから「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」と「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」が発売された。

【この記事に関する別の画像を見る】

 店頭価格は順に税込20,000円前後と税込16,000円前後。販売ショップはツクモeX.パソコン館、ツクモパソコン本店、パソコンショップ アーク、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店、ドスパラパーツ館。

 Socket AM4に対応したMini-ITXマザーボードはBIOSTARの「X370GTN」「B350GTN」「X370GT3」に続くもの。

■Ryzen用で初のゲーミングMini-ITXマザーボード

 これらは、ASRockのゲーム向けブランド「Fatal1ty」シリーズに属するMini-ITXマザーボード。Fatal1ty X370 Gaming-ITX/acはX370チップセットを、Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/acはB350チップセットを搭載しており、どちらもRyzenシリーズに対応する。

 両製品は搭載チップセットを除くとほぼ同じ仕様となっており、対応CPUやメモリについても同じ。違いは無線LANの速度で、どちらも802.11ac対応だが、Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/acが最大転送速度433Mbpsなのに対し、Fatal1ty X370 Gaming-ITX/acには2x2対応のダイバーシティアンテナが付属しており、最大転送速度が867Mbpsとなっている。

 共通の仕様として、両製品とも1000BASE-T LANとIEEE 802.11ac無線LANにはIntel製コントローラーを採用。USBマウスのポーリングレート制御やマウス・キーボードにマクロ機能を追加できる「F-Stream」や、サウンド機能「Creative Sound Blaster Cinema 3」など、ゲーム向け機能を搭載している。

 このほか、基板上のピンヘッダに接続したLEDストリップやAMD純正のLED内蔵CPUクーラーのイルミネーションを制御できる「ASRock RGB LEDユーティリティ」に対応する。

Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac

Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac

[撮影協力:ツクモパソコン本店]

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:7/12(水) 7:10
Impress Watch