ここから本文です

VRがHMD市場を牽引し、ARは産業を変える―― IDC Japan市場調査

7/12(水) 17:10配信

アスキー

IDC Japanの調査によると、2016年のHMD出荷台数は1000万台弱。今後市場は急拡大し、VRがARに先行するだろうという。
 IT専門の調査会社であるIDC Japanは、AR/VRヘッドセットの2021年までの世界/国内集荷台数予測を発表した。
 

 IDCが発行した最新の「Worldwide Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Tracker」によると、2016年にはAR・VR合計で1000万台弱のヘッドセットが出荷された。予測では2021年に1億台をわずかに下回る程度までには市場が成長すると見込まれ、2016年から2021年までの年間平均成長率は57.7%と、著しいペースでの市場拡大を想定している。
 
 デバイス分野の分析では、VRヘッドセットが市場を牽引している。さらに、VRヘッドセットの中では、値段が最も手頃なスクリーンレスタイプと、スマートフォンをヘッドセットにはめ込み駆動するスマホVR用ヘッドセットがリードを保っている。2016年の下半期には、PlayStation VR、HTC VIVEおよびOculus Riftの3大商品が、市場の立ち上がりに寄与した。
 
 専用デバイスの分析では、ARがVRより少し遅れて市場展開を続けるとみている。これはAR市場が、現在は形成期にあることによるものだ。
 
 IDCでは、AR/VR市場を量的に主導するのは今後もVRであると考えている。しかし、ARは産業に対して、より大きなインパクトを持つだろうとしている。
 
 
文● たかヰトモき/Mogura VR

最終更新:7/14(金) 13:48
アスキー