ここから本文です

(教えて!世界遺産:8)「モノ」より「ストーリー性」が大事なの?

7/12(水) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 世界遺産と聞いて、まず思い浮かぶのは、石造りの古い遺跡や建物だ。だが世界遺産に詳しい五十嵐敬喜・法政大名誉教授は「万里の長城やピラミッドなど、誰が見ても価値のわかるものの多くは登録を終えた。登録の基準は『モノ』から『ストーリー』に移りつつある」と話す。
 ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会は1994年、地域や分野の偏りを改める「グローバルストラテジー(世界戦略)」という方針を採択。「産業遺産」や「20世紀の建築」、人が自然に働きかけてできた「文化的景観」が重視されるようになった。73年完成の「シドニー・オペラハウス」(オーストラリア)や10~30年代に建設された「ベルリンの近代集合住宅群」(ドイツ)などが代表例だ。……本文:2,176文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社