ここから本文です

<鋼の錬金術師>7年ぶり新作 描き下ろしマンガが映画の入場者特典に

7/12(水) 19:30配信

まんたんウェブ

 荒川弘さんが、マンガ「鋼の錬金術師」の新作エピソードを約7年ぶりに描き下ろすことが12日、分かった。同作が原作の映画(曽利文彦監督、12月1日公開)の入場者特典として新作エピソードを収録した特別編コミックスがプレゼントされる。

【写真特集】実写版「鋼の錬金術師」 豪華すぎるキャストも話題に 写真を一挙公開

 「鋼の錬金術師」は、2001~10年に「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載されたマンガで、錬金術が科学のように発達した世界を舞台に、エドワード・エルリック(エド)とアルフォンス(アル)の兄弟が、失った体を取り戻すために旅に出る……というストーリー。コミックスの全世界の累計発行部数は約7000万部を誇る。03~04年、09~10年にテレビアニメが放送されたほか、05年、11年に劇場版アニメも公開された。

 映画版は山田涼介さんがエドを演じるほか、本田翼さんやディーン・フジオカさんらが出演する。

最終更新:7/12(水) 19:30
まんたんウェブ