ここから本文です

22日「B’z」公演歓迎のぼり旗140本 JR津山駅から会場まで 岡山

7/12(水) 7:55配信

産経新聞

 津山市出身の稲葉浩志さんがボーカルを務める人気ロックバンド「B’z」の津山公演(22日開催)を間近に控えた11日、同市などは会場となる津山文化センターやJR津山駅周辺など、駅から会場までのルートに、歓迎ののぼり旗、計140本を設置した。

 B,zをはじめ、関係者や全国のファンらを迎えるおもてなし事業の1つ。のぼり旗は縦180センチ、横45センチで、「B’z祝凱旋(がいせん) 稲葉浩志さん 津山市市民栄誉賞受賞者」などと書かれ、市のロゴマークも盛り込んだモノトーンのデザインになっている。

 公演当日は、会場周辺にご当地グルメ「津山ホルモンうどん」をはじめとした肉食料理や土産物などを販売する、計7つの“おもてなしブース”が並び、ファンらをもてなす。

 市では、当日と翌日の2日間で計約5千人のファンらが訪れると予想しており、臨時駐車場の確保や午後6時の開演時間に合わせ、市内中心部の飲食店へ、営業時間延長などを呼びかけている。

 市観光振興課の有富弘人主任は「いよいよ間近となり、わくわくドキドキしている。B’zファンが、津山のファンにもなってもらえるように、精いっぱいのおもてなしをしたい」と準備に汗を流しながら、意気込みを見せた。

最終更新:7/12(水) 7:55
産経新聞